IG様邸 コンクリート工事

こんばんは。


寒い中、外の工事をしてきました。



IG様の敷地内に物置と塀があります。

こちらを撤去して駐車場にする工事です。


が、

今回の解体はお施主様自らされました。

現地調査数日後に伺ってみると

跡形もなく物置と塀がなくなってました。

す、すごいエリザベス


そこからが我々の出番です。

敷地を整地して、ワイヤーメッシュと呼ばれる鉄筋を敷き込みます。



生コン車がもってきたコンクリートを運んでは



均し



運んでは均しの繰り返しで・・・




完成です。


コンクリートを全てならし終わった後

毎度恒例の猫ちゃんが登場してコンクリートに足跡を付けられました。

まぁこれは自然現象なので仕方ないですね。

しっかりと補修して完了です。


 
ナカガワ



 

OH様邸 テラス工事

こんばんは。


先週末は風邪でダウンしてしまい皆様にご迷惑をお掛けしました。申し訳ありません_| ̄|○


風邪には気を付けましょう。



今日は小工事のご紹介。

元々店舗だった1階をリフォームして住居に変わったため物干し場を取付する工事です。

施工前



シャッターの奥は部屋になってます。


施工後



屋根を付け、プライバシー性の高いパネルで囲います。





パネルの中が洗濯物干場に生まれ変わりました。

さらに外からの人目を部屋の中から気にすることがなくなりました。




この工事は12月中旬には工事の契約も済ませていたのですが
職人がなかなか掴まらず1か月もOH様をお待たせしてしまいました。

いろんな工事でこのような状況が起きておりますので、

リフォームをお考えの方はお早めにどうぞ

 
ナカガワ



 

S様邸排水修理工事2

 
こんばんは。

S様邸排水工事無事に完了しました。


まずはトイレの床を破り

排水管のバイパス工事から行います。

元々は和式便器だったそうですが、

改修の際の配管の始末が悪かったのか

配管の接続部からの漏水が確認されました。

水道屋さん曰くたまにあることらしいです。




右の配管がトイレから新たに出した配管です。

この配管が真ん中の枡に合流します。







もうひとつの枡も取り替えました。


こっち↓がbeforeです。




枡は組み立てる前は


こんな風になってます。





流れを確認して完了です。




今年もお疲れ様でした。

あすの大掃除で今年の業務は終了です。

皆様よいお年を




ではまた
sawada


K様邸 和室天井工事

 
こんばんは

寒いし濡れるしで

かなり辛い一日でしたが、

本日無事に一現場終えました。


今回は和室の天井の張替えです。


解体中です。

少し手ぶれていますがご勘弁を。

天井の下地が真ん中に通っていますね。

屋根から吊って下がらないようにしてあります。

ボード貼りの天井だと、もっとたくさんの下地を組みますが

今回貼る和室天井板(今回は目透かし天井を採用)は非常に軽いので少なくてすみます。

また天井板本体にも芯材が通っているのでこれだけで済んでしまいます。



今回使用する目透かし天井の断面です。

和室で一般的に使われているものだと思います。





無事に完成です。


このタイプの天井板は下から釘を打つことはありません。

最後の一枚は天井裏から釘を打って終わるのですが、

大工さんはどのように天井裏にもぐっているのでしょうか?



正解は押入の天井から入っていきます。

押入れの天井から屋根裏に入っていける家が多いのは

こういった事情も関係しているのでしょうね。


T様邸もそうですが、

和室は本当に奥が深いです。

また機会があればお話したいと思います。




ではまた
sawada




S様邸排水設備修理工事

 
こんばんは。


今日から着工しました。



この下に排水枡がいます。


まずは点検口の取付が今日の作業です。




大工さんが床を切って点検口をつけます。





無事に2箇所取り付け完了です。




位置もばっちりです。




床下に点検口があるのって

すごい珍しいですよね。

昔の建物で土地の間口がないところは要注意です。

ちなみに床をめくってみてわかったことですが、

S様のお宅はだいぶ前にリフォームをした際に

点検口を潰してしまっていたようでした。



点検口は必要だから設置していることがほとんどです。

潰したり、埋めたりするのはよしましょう。



ではまた
sawada




なんとか年内に!!

 
こんばんは。

この前の日曜日のことです。


以前工事させていただいたS様より

緊急事態ということでお伺いすると…

S様:『どうもトイレが詰まっているみたいで…外に水たまりができるの』

さわだ:『とりあえず見ましょうか』

さわだ:ジャー(ひとまずトイレを流す)

さわだ:ジャー(もういちど)

さわだ:『トイレからは見て取れる動きはないんですが…』

     『枡ってどこにあります?』

S様:『床下に…』

さわだ:『えっ…(床下に枡ですと?)床下には入れますか?』

S様:『畳上げればそこから行けますよ』

さわだ:ゴソゴソ…(畳を上げる)

さわだ:『では行ってきます!!』



というやりとりを経て

なんとか床下へ潜ってまいりました。

床下の写真です。

しかしここで問題が発生します。

私決してデブというわけではないはずですが

比較的体は大き方です。

基礎の穴(人通口)が通れない。



なんとかズームで撮った写真です。


枡の周りにシミがありますね。

どうやら枡から水があふれているような…

それとも枡が割れているのでしょうか?



そもそも原因がわからない。

何か異物が邪魔しているのか?

もしかして地盤が下がって排水の勾配が悪くなっているのか?



というわけで

今日水道屋さんに再度潜っていただきました。


無事に枡までたどり着いた水道屋さん曰く


枡と配管に隙間があいてしまって

そこから水が出ているようです。

しかしトイレの下からも水が漏れてしまっているようです。

外にできている水たまりもそれが原因と思われるようです。

昔の和便器の配管に新しい便器の配管が突っ込んであると思われるんですが、

多分そこから水が漏れてる可能性が高いそうです。



というわけで

今回の修繕工事の内容が決まりました。

】討亮菎悄淵灰鵐リート枡から樹脂枡への取替)

▲肇ぅ譴稜朶匹離丱ぅ僖梗蟒


簡単に書きましたが

この工事をするにあたって

床をだいぶなぶらなければいけません。

うまくお施主様の生活に影響なないよう

計画を立てねば…




ではまた
sawada



瓦留め工事

 
こんばんは。

今日は昨日に行った

瓦留め工事の様子をお伝えします。



今回の工事は

瓦のズレを直し、その後コーキングで留めて

動かないようにする工事です。

朝方の雨も上がり

無事に工事スタートすることができました。


まずはズレを直していきます。

のし瓦は直しているそばからずり落ちてくるので

2人がかりで直していき、番線をつかって固定します。



ズレを直したあとはコーキングです。

瓦の山の部分につけていきます。


ときどき瓦の縁にやってある場合がありますが、

あれは大変危険です。

あれでは瓦の下に入った水の出口がなくなり

全部家の中に入ってしまいます。




今回の工事では一緒に漆喰の補修も行いました











実は今回の現場は

この瓦のズレが原因で雨漏れしていました。

ズレを直し、今後ズレないようにするための処置でした。






無事に天気ももって完了できました。




ではまた
sawada

小工事祭り

 こんばんは。


本日は修繕&小工事を多数こなしてきましたのでご紹介します。


まず朝一はIU様邸


隣地建物が解体され露わになったご自宅の外壁

隣地との隙間が狭かったためにこんなに外壁が劣化していたなんて気付かなかったそうです。

そこでお隣が工事に入る前に直してしまおうとのこと。


隣地の土地をお借りするので、足跡を付けてしまわないようにベニヤ板で養生をして職人さんと細かい打ち合わせをして次の現場へ・・・




こちらはもともとある長押(なげし)に新たに既製品のフック付長押を取付してまいりました。


元の長押のように上部にハンガーを引掛けれて、フックが付いてるのでフックにも引掛けることのできる優れものです。




うん、ばっちり




終わったらつぎの現場へ・・・・



こちらは洗濯機をドラム式洗濯機への取替で扉内に洗濯機が納まらなくなってしまったので
建具の高さを切ったり、開き方を替えたりする工事です。

建具屋さんはすでに工事終了していたので仕上がりの確認に参りました。

写真のようにキレイにおさまっております。

こちらもバッチリ


そしてラストは朝の外壁の現場です。


私が到着するころには古風な和風建築にあう外観となってました。





このように数多くの修繕などの現場をこなしてますが、

実は皆様会社から車で1分〜10分の近距離のお客様です。

移動時間や移動距離を少なくすることで工事の質を更に上げる努力もしております。





ナカガワ

HM様邸 フローリング工事

 
こんばんは。

今日は久しぶりに無垢フローリング貼ってきました。

その様子をお届けします。

↑まずは施工前。以前お伝えしたAY様邸のようにフローリングの浮きがおきていました。



↑今回はなナラ無塗装品を使用します。


無垢フローリングの施工は季節によって若干変わります。

湿度によって多少の伸び縮みがおきるためです。

今の季節は湿度が少し高いため

少し詰めて施工します。

逆に乾燥した時期は少し緩めに施工します。




↑貼りあがりです。

まだ何の化粧もしていないので少しさみしい。



↑ペーパーで表面を少しだけ削りオイルをしみこませていきます。


↑今回は『キヌカ』というものを採用してます。


↑完成です。

まだ新しいので

少しおとなしい仕上がりですが、

これから経年変化やオイルの再塗装によって

どんどん変わっていきます。

これも無垢フローリングの楽しみの一つですよね。




やっぱり無垢はいいですね。

もちろん短所もありますが、

それはまた別の機会に…




ではまた
sawada

AY様邸 床貼り工事

 
こんばんは。

どうやら僕が屋根に登る日は

熱くなるみたいですね。

Tシャツも汗まみれでした。

普段黒いTシャツを着ていることが多いんですが、

汗だくになったあとに乾くと

白いシミのようなものができます。

確実に塩ですね。

しっかり塩分も補給しておかなくては!!


さて

今日はAY様のお宅で床貼り工事を行いました。

築25年のAY様のお宅

フローリングが浮いてきてしまいました。



おそらく下地は問題なく

フローリングの接着が浮いてきてしまっていると判断し

フローリングの上貼りにて工事を計画します。



しかし念のため当該部分の床をめくり下地の状況をチェックし、予想通りなのを確認してから床を貼っていきます。



↑before
                       after↓


キレイになりました。


上貼りなのでフローリングの厚み分階段から出てしまいます。

そういった部分にはテーパー状になった見切り材を使い納めます。



些細なことですが、

浮いてきたフローリングは足に挟まったりして危険です。

また今回のようにフローリングだけで済む場合と

下地からやり直さなければいけない場合があります。

お困りの方は是非一度ご相談ください。



ではまた
sawada



PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Eight works

profilephoto

ブログランキング

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:977 最後に更新した日:2019/09/09

search this site.

others

mobile

qrcode