AM様邸 外壁修繕工事3

 
こんばんは。

AM様邸 外壁修繕工事

今日はシーリングの工程です。


まずは水切りの上の外壁材(今回はタイル)と水切りの間の部分(目地)に

バック材と呼ばれる白いスポンジ状のものを詰めます。

これがけっこう大事な部分なんですが

このバック材にはシーリング材が密着しません。

ここにシーリング材が密着する(3面接着と言います)と

後々のシーキングの切れ・剥離につながります。


3面接着
↑接着のイメージ
 3面接着だとシーリング材の機能(追従性や緩衝性)がうまく発揮できません。




主に目地部分にコーキングをする際には

原則として2面接着で施工します。



はい。無事に完了です。



ちなみにシーリング材の種類もいろいろありますが

外壁工事などではノンブリードタイプという

塗装後に汚れが付きにくいタイプのものを使用します。


けっこう奥の深いシーリング工事。

他の工法もそのうち紹介できるといいですね。




ではまた
sawada







AM様邸 外壁修繕工事2

 
こんばんは。

AM様邸 外壁修繕工事

無事に大工工事完了です。

 軒裏とベランダの下端の幕板を貼っていきます


↑完成です。 幕板もしっかり水切りの下にもぐっています



 


明日は塗装前のシーリング工事を行います。

これも雨水の侵入を止める重要な工程になりますので

気を抜かずに頑張りたいと思います。



ではまた
SAWADA

AM様邸 外壁修繕工事1

 
こんばんは。


少し久しぶりに

今日から現場報告です。


ベランダの下端が腐ってしまっています。

おそらく幕板部分からの浸水と考えられます。


今日は解体し、

↑水切りと呼ばれる板金を取り付けます



↑水切り取り付け完了。

念のため防水紙も差込み念には念を入れます。

今日の作業はここまで。


ちなみに

この水切りが今回の工事のポイントとなります。

これを既存の外壁の中に差込み

雨の侵入を防ぐ作戦です。


明日以降大工さんが入り

復旧工事に突入します。



ではまた
sawada





棚をつけてきました

 
こんばんは。


昨日は更新を怠ってしまいました。

せっかく毎日更新しているのに…

たまに更新できない日があると

数少ない読者の方に

心配をおかけしてしまうかもしれないので

頑張ってまいります。


さて

今日は棚をつけてきました。

今回の工事では棚柱を採用。

棚の位置を変えたり

枚数を増やしたりが容易に行え

非常に便利な商品です。

この棚柱にも種類があるので

今日はそのご紹介。



まずはこちらの横から支えるタイプ。

押し入れ等の収納庫の中で使ったりします。

両側で固定するのでしっかり安定します。

また棚を外してから棚受けを調整しますので

棚位置の変更が容易なのもいいところです。

ただし両側に壁がないと使えません。



そこで…


このような背中から持ち出すタイプのものもあります。

見た目もすっきりとするので

主に部屋内の見せる収納を作るときに使います。


また


使い方によっては

こんなコーナー収納にもできるので

設置個所の自由度は高いですね。



一口に棚といっても

取付場所やデザイン・用途に応じて様々です。

ご検討中の方はご参考までに…




ではまた
sawada

襖紙の種類2

 
こんばんは。

今日は昨日に引き続き

襖紙についての織物系をご紹介します。



織物系のなかでも合成繊維を使うものと

天然織物を使用するものとあります。

特に天然織物を使用したものは滅多なことでは破れません(素材自体が布なので)

合成繊維を使用したものでも紙に粗めの織物が貼られている感じなので

こちらも破れにくくなっています。




”甬敝福聞臉繊維)

縦糸・横糸共にレーヨンを使用。
模様は印刷機を使用しているため画一的。
織り目の密度は荒く1インチ(2.54僉貌發暴鳥24本・横糸22本程度
紗ふすま紙・紗普及




中級品(合成繊維)

こちらも普及品と同様にレーヨンを使用しますが、
模様は手加工を中心にいろいろなものがあります。
織り目の密度は1インチ内に縦糸30本・横糸24本程度
紗ふすま紙・紗中級




上級品(合成繊維)

このクラスからは縦糸にはレーヨンですが
横糸には木綿や絹を使います。模様はもちろん手加工。
織り目の密度は1インチ内に縦糸50本・横糸40本程度
紗ふすま紙・紗上級






で両嵒

ここからは天然織物です
もともとは沖縄の芭蕉布を使った襖紙のことを指していましたが
現在はほとんどが静岡産だそうです。
縦糸に麻・横糸には芭蕉繊維を使用し
紙で裏打ちされたもの。
かなり丈夫で10年以上は持つそうです。
芭蕉布の襖紙(ふすま紙)



こ詆

最高級品の襖紙になります。
秋の七草として有名な葛。
これを煮て、寝かして、発酵させ、洗って…と
様々な工程を手間ひまかけて行い一枚一枚手織りで仕上げられます。
すべてが手作りなため微妙に異なる風合いが味となります。
また10年単位の非常にゆっくりとした期間を経て
徐々に飴色に変化していきます。これも天然素材独特の味となります。
非常に丈夫で大事に扱えば50年持つと言われています。
葛布(くずふ)  葛布(くずふ)


ちなみに天然織物の芭蕉布と葛布は
西の芭蕉布・東の葛布と呼ばれ
共に東西の最高級襖紙とされてきたようです。




今回は一応画像も載せてみましたが
合成繊維のものは画像では違いがよくわかりませんね。
天然ものは画像でもよくわかるのですが…




張替えや新たに和室を作るときに参考までに…




ではまた
sawada



襖紙の種類


こんばんは。

先日襖の張替えの工事を行ったのですが、

襖紙の種類もいろいろあるので

この機会に少しだけご紹介します。



襖紙は主に和紙系と織物系で分類されますが、

和紙系のものは『鳥の子紙』とよばれます。

もちろんこの中にも普及品から最上級品まで様々あります。



”甬敝福Э慶擦了匯

最近の襖紙はほとんどこれではないでしょうか?

原材料も再生紙と木材パルプなので

あまり和紙とは言い難いですね。

もちろん製紙・模様付けは機械で行います。

価格は安いんですが、繊維が短いため破れやすいです。


中級品:上新鳥の子紙

原材料は木材パルプ。こちらも和紙とは言い難いですね。

ただしこちらは色・柄共にとても豊富。

こちらも機械漉きです。



上級品:鳥の子紙

このあたりになるとかなり和紙の風合いの生きたものになります。

原材料も様々で、三椏や雁皮といった和紙の原料となるものと

木材パルプを合わせたものが多いようです。

機械漉きですが、前出のものとは少し違った漉き方をします。

機械の進歩のおかげでかなり手漉きに近い品質のものまあるそうです。

床の間のあるような和室にはこのくらいのグレードが欲しいところです。



す盖乕福本鳥の子紙

完全に手漉きの和紙で

原材料も三椏・雁皮等の和紙の材料と一緒です。

この中にも模様のつけ方などで色々とあるようですが、

今日のところは割愛します。






ちなみに鳥の子紙という呼び名は

雁皮を使った雁皮紙というものの色合いが

卵の殻の色合いに似ていたところから来ているようです。



とっても奥の深い襖紙ですが

参考になりましたでしょうか?



最後に

以前知り合った『からかみ屋』さんという

紙屋さんのHPをご紹介しますね。

大須にショールームもあるようですので

興味のある方は是非足を運んでみてください。




ではまた
sawada


YD様邸 照明増設工事


こんばんは。

今日は少し久しぶりに

現場の投稿です。

今回のYD様邸では照明の増設を行いました。

まずは配線の様子からどうぞ


まずはスイッチの位置まで電源を持っていきます。

今回の工事では下のコンセントから電源を引っぱりました。

線だけでは通せないので黄色い棒状のワイヤーで壁の中を通しますが

すべての場合でうまくいくわけではありません。

しかし壁の作りや照明の取付位置次第では

壁の中に配線を隠ぺいすることができます。

ちなみに今回の工事の一番の懸念箇所だったりします。

無事に通ってホッとしました。

ここまでで作業時間1時間くらい。



その後は同じ要領で

スイッチから器具まで線を引っ張り

器具を取り付けて完了です。

作業時間は1.5時間くらいでした。




無事に取付けも終わり

家具も元に戻しました。

ご覧のとおりパソコンの手元を照らすための増設でした。



きれいに納まり

お客様にも喜んでいただけてなによりです。




ではまた
sawada

ウォシュレットについて

 
こんばんは。

日中は暑いくらいですが

朝晩は結構寒いですね。

この季節は着るものに悩みます。


さて

今日はウォシュレットについてのちょっとしたお話。



皆様のお宅のトイレにはウォシュレットついていますか?

現状でついていればまず同等機種なら取替え可能なんですが、

新規で取り付ける場合には少し注意が必要な場合があります。

そんな場合とは…

このようにコーナーにタンクが設置されている場合です。


このような時には

商品によっては取付けができないことがあります。

理由は操作部分がタンクにあたってしまう場合があるからです。

このような場合にはリモコン式の機種に限定されてしまいます。


ただしリモコン敷の機種でも他の理由で取り付けができないこともありますので

検討中の方はご注意ください。


↑背面のスペースがないとウォシュレット自体がつっかえてしまうこともあります。


↑またウォシュレットの給水ホースが届かないこともあります



ではまた
sawada

漏水修理3

 
こんばんは。

以前アップした【漏水工事】の記事ですが、

大事なことを書き忘れていました


修理が完了し以下の条件

]蛙紊慮彊が家主の過失でないこと

∀蛙絏媾蠅地中等の確認が困難な場所であること

O蛙絏媾蠅僚ねが完了していること

を満たし場合については

水道局から

次回水道料金の請求時に

漏れたと思われる分だけ差し引いてもらえます。

つまり、満額ではないにせよ(大体8割くらいと聞いたことがあります)

漏れた分の水道料金を返してもらえることになります。

(大体どこの自治体でもやっていますが名古屋市の場合です)


もちろんこのサービスを受けるには申請が必要ですので

漏水修理の工事が完了したら

かならず【修繕工事施工証明書】というものを

施工業者から受け取ってください。


ちなみに

この【修繕工事施工証明書】は

名古屋市水道局指定工事店でないと発行できませんので

ご注意ください。




ではまた
sawada


漏水修理2

 
こんばんは。

昨日の宣言通り

漏水修理工事の続きです。

↑浴室へのバイパスは床下がないため外部より直接浴槽の下へ抜きました。



↑こちらが浴槽ヘリの水栓への配管




↑洗い場側の水栓へは隠蔽配管ができなかったため露出&化粧カバーとしてます



↑外部の給湯管に保温カバーまでして完了です。



なんとか今日一日でできたため

少しほっとしました。

本当にライフライン関係の工事には

スピードが求められるので

今回のようにうまく対応していきたいです。



ではまた
sawada


PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

Eight works

profilephoto

ブログランキング

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

書いた記事数:977 最後に更新した日:2019/09/09

search this site.

others

mobile

qrcode